個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリングおすすめ16選

個人事業主・フリーランスが利用可能なファクタリングおすすめ16選

本記事では、個人事業主・フリーランスが利用可能なファクタリングサービスをまとめています!

迷ったらココ!編集部が厳選するおすすめファクタリング会社3選
  1. ペイトナーファクタリング
    AIによる審査で事業計画書などの書類不要!最短即日入金
    公式サイトpaytner.co.jp/factoring
  2. ビートレーディング
    最短30分審査の注文書ファクタリング!最短1日で資金化
    公式サイトhttps://betrading.jp/
  3. FREENANCE(フリーナンス)
    近年、人気急上昇のサービス!請求書を即日現金化できるサービス
    公式サイトhttps://freenance.net/
目次
  1. 個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリング
    1. ペイトナーファクタリング
    2. FREENANCE(フリーナンス)
    3. QuQuMo(ククモ)
    4. ラボル
    5. ベストファクター
    6. TRY(トライ)
    7. アクセルファクター
    8. PAYTODAY(ペイトゥデイ)
    9. 日本中小企業金融サポート機構
    10. トップ・マネジメント
    11. OLTA
    12. ビートレーディング
    13. ウィット
    14. けんせつくん
    15. えんナビ
    16. 西日本ファクター
  2. 個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリング会社の選び方
    1. 取引先に知られないかどうかで選ぶ
    2. 審査・入金スピードで選ぶ
    3. 提出書類の少なさで選ぶ(請求書・通帳等)
    4. ファクタリング会社の規模・実績で選ぶ
    5. 少額対応可能かで選ぶ
    6. 土日対応・夜間対応の柔軟性で選ぶ
    7. 支払い期日で選ぶ
    8. 利用可能な上限金額で選ぶ
    9. 手数料で選ぶ
  3. 個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリングは取引先に知られる?
  4. ファクタリングでの個人事業主・フリーランスの必要書類
  5. 個人事業主・フリーランスがファクタリングを利用するメリット
    1. 現金化のスピードが速い
    2. 借金を抱えずに済む
    3. 手続きが簡単
    4. 保証人や担保がなくても資金調達できる
  6. 個人事業主・フリーランスがファクタリングを利用するデメリット
    1. 売掛の内容によっては利用できないこともある
    2. 手数料が高くなることもある
  7. 個人事業主・フリーランスが利用できる即日入金可能なファクタリング会社
  8. 個人事業主・フリーランスが利用できる審査の緩いファクタリング会社
  9. 土日利用の可能な個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリング会社
  10. おすすめファクタリング比較表

個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリング

個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリング

事業を行っていく上で、キャッシュフローをスムーズにすることや資金調達の選択肢を持っておくことは大事です。

しかし、法人企業とは違い、個人事業主やフリーランスだと、どうしても金融機関からの融資を受けるのも難しいことが多いものです。

そのため、融資とは違う資金調達方法を確保することは経営を安定させるために欠かせません。

その一つの方法として、ファクタリングがあります。

ファクタリング会社の多くは、法人でなくてもサービスを提供していて、個人事業主でもフリーランスでも問題ありません。また、融資とは違い、負債を抱えるわけではないので、経営上のリスクを軽減しながら資金調達ができるというメリットがあります。

そこで、具体的に個人事業主が利用できるおすすめのファクタリングとして、どのようなところがあるのかを考えてみましょう。

それぞれの会社で異なる特徴がありますので、自分に合ったサービスを見つける助けとなるはずです。

ペイトナーファクタリング

運営会社 ペイトナー株式会社
手数料 申請金額の10%

  • 振込手数料の負担あり
  • 申請金額からサービス利用料(申請金額の10%)、振込手数料(250円)を差し引いた金額が振り込まれます

例)
申請金額100,000円の場合

サービス利用料(10%):10,000円
振込手数料:250円
振込金額:89,750円

※初期費用、月額費用は無料です。

対象 個人事業主・フリーランス
利用上限
  • 新規登録した方は25万円
  • 利用状況に応じて限度額が拡大
審査・入金スピード
  • 最短10分で審査結果をメールで返信
  • 入金も審査完了と同時に行われるため、待ち時間なし

※営業時間内(平日10:00〜18:00)

手続き方式 オンライン完結

ペイトナーファクタリングは2019年に設立された会社です。東京都港区に本拠を置き、決済サービスについての総合的なサービスを提供しています。上場企業との取引実績もある、信頼度の高い会社です。

ファクタリングサービスは、非常に迅速な手続きが特徴です。

利用申し込みはすべてオンライン上で行え、請求書などの書類はパソコンからアップロードするだけで済みます。

その後審査されますが、最短10分で結果の通知が出て、すぐに入金が行われます。今すぐにファクタリングによって現金化をしたいという人に最適です。

手数料として10パーセントかかりますが、固定料率となっていますので、わかりやすく便利です。無料で登録しておけば、利用の度に自分についての情報を入力する必要がなくなり、リピートもしやすいことも人気の理由となっています。

\AI審査だから最短10分で審査・入金/

ペイトナーファクタリングの公式サイトはこちら

※初期費用、月額費用は無料

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)の評判・口コミ・審査内容を調査!最短10分の個人事業主・フリーランス向けファクタリングサービス【2023年1月】ペイトナーファクタリングの評判・口コミ・審査内容(旧yup先払い)

FREENANCE(フリーナンス)

FREENANCE(フリーナンス)メイン画像

利用対象 フリーランス
登録手数料 0円
手数料 手数料は請求書額面の3%〜10%。フリーナンス口座を利用することで、「即日払い」利用時の手数料率(3〜10%)が下がる
最短振込み日 当日
補償制度 所得補償保険:18歳から39歳までの保険料は男女一律500円

GMOグループの会社で、大企業ならではの安心感があります。

オンラインサービスの利便性を追求しているため、気軽に利用できるのも強みです。実際にフリーランス向けのファクタリングでは、累計利用人数が業界トップとなっています。

FREENANCEでは、即日払いを特徴としています。請求書を電子的に送信するとすぐに審査が行われ、問題がなければその日のうちに、審査結果の通知と同時に指定口座への入金が実行されるわけです。

利用登録をしておくことで面倒な入力手続きを次回から省略できるので、繰り返し使う際に便利です。

同社ではとくにフリーランス向けのトータルサポートをしていて、ファクタリングと一緒に、所得補償保険なども提供しています。

まとめて利用することで、さらにお得なサービスを得られる仕組みもありますので、個人事業主にとって頼もしいサポートとなるでしょう。

\会費はいつでも0円/

FREENANCE(フリーナンス)の公式サイトはこちら

※月々500円で充実の保証制度

FREENANCE(フリーナンス)メイン画像FREENANCE(フリーナンス)の評判・口コミ・審査内容を徹底解説【フリーランス・個人事業向けファクタリング】

QuQuMo(ククモ)

QuQuMo main image

利用対象 法人様・個人事業主
売掛金さえあれば取引可能
調達金額上限 上限なし
手数料 1%~
事務手数料 不要
入金時間 最短2時間

完全オンライン完結型のサービスを提供しているのが特徴の会社です。来店不要で、請求書などの必要書類はスマホで写真を撮影して送信するだけで済みます。

一連の手続きもかなりスピーディーで、契約内容によっては最短2時間ほどで入金までしてくれます。急ぎの資金調達の時にはかなり助かるサービスです。

QuQuMoのもう一つの特徴は、手数料が安いことです。最安で1パーセントに設定されています。ファクタリングは3パーセント前後が最小料率の相場となっていますので、この手数料はかなり低いものと言えるでしょう。

金額の上限はありませんので、少額の請求書から大きな取引の現金化まで幅広く対応してくれるのも助かるところです。

手続きに当たっては請求書と通帳の2つだけあればいいので、手続きが簡単にできるのも特徴と言えるでしょう。取引先に通知が行かない、2社間取引も利用できます。

\必要なのは2点の書類のみ/

QuQuMo(ククモ)の公式サイトはこちら

※最速2時間で入金

QuQuMo(ククモ)メイン画像【2023年1月】QuQuMo(ククモ)の評判・口コミ・審査時間・必要書類解説!【法人・個人事業主OKのファクタリング】

ラボル

ラボル メイン画像

利用対象 個人事業主・小規模事業者
手数料 10%~
その他事務手数料 なし
買取対象 独立直後・新規取引
業種・職種問わず可能
最短入金時間 60分~

ラボルは東証プライム上場企業グループで、安心感のある会社です。

幅広いファクタリングサービスを展開していて、個人事業主向けの資金調達として専用プランを用意しています。このプランは2者間取引となっていて、売掛先に知られることなく現金化できるのが特徴です。

しかも、申込内容に問題がなければ最短で60分という速さで入金してくれますので、すぐに現金が必要な時に助かります。

手続きも簡単で面談は不要となっており、Web上ですべての手続きが完結します。書類は請求書などの数点で、決算書など、提出に手間がかかるものについては不要です。

個人事業主として開業してすぐの方や、請求先が新規の会社であっても積極的に対応していて、他の会社で断られてしまっても問題ありません。1万円からの現金化が可能で、手数料は10パーセントに設定されています。

\最短60分で入金/

ラボルの公式サイトはこちら

※面談不要・Web完結でお申込み可能

ラボル メイン画像ラボルの評判・口コミ・審査・必要書類を解説【フリーランス・個人事業主向けのファクタリング】

ベストファクター

ベストファクター メイン画像

利用対象 法人・個人事業主
買取手数料 2%~
初期費用 0円
最短資金化可能時間 1時間~
保証人 不要
最低売掛債権請求額 30万円~

幅広い事業者を対象としてファクタリングをしている会社で、個人事業主・フリーランスにも対応しています。ベストファクターの特徴は手数料が安いことです。

取引内容にもよりますが、最低手数料が2パーセントからとなっています。その分、より無駄のない現金化ができますので、リスクをできるだけ減らしたい個人事業主にはもってこいでしょう。

審査通過率が高いのも同社のメリットです。実に92.2パーセントと高率で審査に通るとされていて、初めて利用する方でも安心できます。手続きはシンプルで、迅速に進んでいきます。最短で24時間あれば申し込み手続き、審査、入金まで完了です。

内容によっては受注書や契約書など、まだ請求書が確定しないものでも資金化できるサービスも設けています。より早いタイミングで資金調達ができるので、キャッシュフローの改善に役立つでしょう。

\審査通過率92.25%/

ベストファクターの公式サイトはこちら

※最短1時間で資金化

ベストファクター メイン画像ベストファクターの評判・口コミ・審査・必要書類【即日ファクタリング】

TRY(トライ)

ファクタリング TRY(トライ)とは

運営会社 株式会社SKO
手数料 3%~
対象 法人・個人事業主
利用上限 5,000万円
審査・入金スピード 最短即日
手続き方式 電話・オンライン

TRYはあらゆる事業主を対象として、顧客目線のファクタリングサービスを展開しています。スピーディーな資金調達を重視し、効率的な手続き処理によって、最短で即日入金が可能です。

また、手数料を最低利率5パーセントとしていて、他社と比べても効率のいい現金化ができます。

売掛債権の譲渡が相手に知られると、個人事業主は立場が弱くなってしまうこともあるもの。そこで、同社では二者間取引を採用し、相手に通知することなく買取ができる仕組みを整えています。

個人事業主でも柔軟に審査を行い、少額の債権であっても積極的に買取をしているのもメリットです。継続的な取引ができている、信頼性の高い企業が売掛先である、返済がコンスタントになされているといった条件が整えば、無理なく契約に進めます。

メールやLINEなどで相談できるので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

\24時間問い合わせOK/

ファクタリングのTRY(トライ)公式サイトはこちら

最短即日入金!

ファクタリング TRY(トライ)とはファクタリング TRY(トライ)の評判・口コミ・必要書類!【最短即日&24時間受付】

アクセルファクター

Accelfacter アクセルファクター メイン画像

利用対象 法人・個人事業主
契約方法 対面・郵送・オンライン
手数料 2%~
最短入金日 最短で3時間、遅くとも翌日には着金
利用金額 30万円~1億円

アクセルファクターは、中小企業だけでなく、個人事業者との取引実績が豊富な会社です。できるだけ資金調達のプレッシャーから経営者を解放できるようにと、素早い対応をモットーとしています。

原則、即日入金としており、できるだけスピーディーな審査と入金手続きを実施しています。実際の成績としても、高額案件が多い中でも半分以上の申し込みを即日完結という形で実現しているのです。

同社では取引金額の上限を伸ばし、最大で1億円の債権買取をしています。少額でも積極的に買取していますので、その時々の必要に応じて、柔軟に資金化できるのがメリットです。

手数料は債権額などによって変わり、最小で2パーセントとなっています。内容によって個別に手数料設定をしていますので、他社では手数料が高く感じたという場合、積極的に問い合わせをして、比較してみるといいでしょう。

\即日入金対応/

アクセルファクターの公式サイトはこちら

※審査突破率93%

Accelfacter アクセルファクター メイン画像アクセルファクターの評判・口コミ・審査内容・必要書類【即日入金・審査突破率93%】

PAYTODAY(ペイトゥデイ)

PayToday(ペイトゥデイ)のメイン画像

利用対象 法人・個人事業主・フリーランス
様々な業種、開業すぐの方もOK
初期費用 0円
月額費用 0円
手数料 手数料率 1〜9.5%
最短入金日 最短30分での即日対応

累計申込額が20億円を超えた、人気の高いファクタリングサービスです。

AI審査方式を導入しているのが特徴で、簡単にスピーディーに手続きができて、便利です。手数料は、1パーセントから9.5パーセントで設定されています。

金額などの条件で明瞭に手数料が決められていますので、初めての方も安心して申し込めるでしょう。

すべての手続きをオンラインで行え、全国どこにいても利用できるのも特徴です。面談をしなくてもいいですし、書類提出は電子的にアップデートするだけです。

審査と入金処理の効率化によって、即日振込はもちろんのこと、最短30分で入金まで完了することもあります。

調達金額は10万円からとなっていて、少額取引が多い個人事業主にはありがたい制度です。なお、上限額の設定はありませんので、大型案件債権についても問題なく現金化可能となっています。

\初期費用・月額費用は全て無料/

PayToday(ペイトゥデイ)の公式サイトはこちら

※即日振込最短30分から

PayToday(ペイトゥデイ)のメイン画像PayToday(ペイトゥデイ)の評判・口コミ・審査内容!即日最短45分のAIファクタリング

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構 メイン画像

利用対象 法人・個人事業主
初期費用 0円
月額費用 0円
手数料 1.5%から10%まで
最短入金日 最短申込み当日入金
コンサルティングサービス あり

日本中小企業金融サポート機構は、経営革新等支援機関として認定されている一般社団法人です。M&Aや事業再生といった事業に加えて、ファクタリングサービスも提供しています。

資金調達に関する総合的な支援を特徴としていて、資金繰りの方法についての無料相談受付も実施中です。

電話やサイトのフォームからファクタリングを申し込むと、すぐにスタッフが連絡をしてくるので、そこで確認作業を行います。通帳や請求書、身分証明書の3点のみで審査を受けられ、気軽に利用できるのがメリットです。

審査自体は30分ほどで終了し、入金までもスピーディーです。そのため、急ぎの資金調達方法を探している個人事業主にとって、ありがたいサービスと言えるでしょう。

医療ファクタリング、注文書ファクタリングなど、一般的な買取ファクタリング以外の種類にも対応しているのも特徴です。

日本中小企業金融サポート機構 ファクタリング【2023年1月】日本中小企業金融サポート機構 ファクタリングの評判・口コミ・審査内容

トップ・マネジメント

トップ・マネジメントとは【ファクタリング】

利用対象
  • 健全な事業を営み、売掛債権をお持ちの法人様、個人事業主様(日本全国対応可能)
  • 設立期間や赤字決算などは気にせず申し込み可能です。
債権買取金額
  • 売掛先1社に対しての上限は1億円迄
  • 買い取り上限総額は3億円迄
債権買取費用
  • 3社間ファクタリングの場合原則として買取対象債権の99.5%〜96.5%
  • 2社間ファクタリングの場合原則として買取対象債権の96.5%〜87.5%(売掛先・支払いサイトごとに提示す)
その他諸経費
  • 振込み手数料の負担が必要
  • 印紙代・交通費・登記費用等、実費分の負担が必要
掛目(かけめ)
  • 3社間ファクタリングの場合原則として額面全額が買取金額となります。(相殺等で額面が下がる場合この限りではない)
  • 2社間ファクタリングの場合原則として額面の50%〜90%が買取金額となります。

買取金額の累計が100億円を超え、45,000件以上の実績を持つ会社です。

あらゆる業種に対応していて、業界最多クラスのファクタリングメニューを持っています。

3社間取引や2社間取引といった基本的な手法に加えて、助成金申請を使ったファクタリングなど、あらゆる手段を使って資金調達ができるように助けてくれます。

資金調達のノウハウを豊富に持っているため、個人事業主がどのように資金繰りをしたらいいか、最初に相談することも可能です。

手数料は0.5パーセントから12.5パーセントと、最低手数料は業界の中でもトップクラスです。リピーターであったり良好な債権内容だったりすると割り引かれる制度もあり、より有利な資金調達するチャンスを得られます。

メールやチャットなどで気軽に問い合わせができるので、まずは相談をしてみましょう。

\7秒で見積もり/

トップ・マネジメントの公式サイトはこちら

法人・個人事業主・フリーランスで利用可能

トップ・マネジメントとは【ファクタリング】【2023年1月】ファクタリング会社「トップ・マネジメント」の評判・口コミ・審査内容

OLTA

OLTA main image

運営会社 OLTA株式会社
利用対象 株式会社などの法人
個人事業主
審査時間 24時間(1営業日)以内
最短入金日 最短即日振込
手数料 手数料2〜9%
その他諸費用 なし

幅広い層の事業者を対象としてファクタリングを行っていますが、とくに小規模会社や個人事業主からの支持が厚い会社です。買取金額の上限も下限も設定していないのが特徴で、それぞれの状況に応じた柔軟な現金化できるのが強みと言えます。

2者間ファクタリングを採用していますので、売掛相手に債権譲渡したことが知られずに済み、その後の取引に悪影響を及ぼすこともありません。

審査の際には信用情報の確認等はしていないため、債務超過がある状態でも問題なく利用できます。もちろん、担保もしくは保証人も求めていませんので、請求書さえしっかりしていれば気軽に利用できるわけです。

同社では最短即日での入金が可能となっており、急に現金が入用になった時に便利です。また、オンラインですべての手続きを済ませられ、手間がかからず簡単な点もメリットとなります。

\最短即日振込み/

OLTAの公式サイトはこちら

※保証人不要

ビートレーディング

ビートレーディング メイン画像

利用対象 法人・個人事業主

  • 売掛先が法人であればどのような業種でも利用可能
  • 売掛先が個人事業主の場合でも利用できる場合もある
手数料
  • 2者間ファクタリングで4%~12%程度
  • 3者間ファクタリングで2%~9%程度

※要問合せ

審査時間 最短5時間
最短入金日 原則即日振込み
必要書類
  • 債権に関する資料(請求書、注文書等)
  • 通帳のコピー(2か月分)
    ※債権の内容によっては追加の資料依頼も

ビートレーディングは、さまざまな形での資金調達支援を行っている会社です。

取引実績は3.7万社にもおよびます。累計買取金額は900億円となっており、非常に実績が高く、信頼感を求める方にも安心のサービスです。

こうした経験をもとに、柔軟なサービス提供をしているのも特徴で、手数料や設定金額などを個々に合わせて対応しています。

手続き処理が迅速で、最短5時間で審査から入金までを終えます。

その秘密は、クラウドサインシステムを導入していることです。オンライン契約によって、パソコンもしくはスマホで正式な契約手続きを行えるのです。

審査のために必要な書類は身分証明書と請求書の2点でいいとされているため、書類準備の手間もかかりません。買取率は最大で98パーセントとなっていて、他の会社で難しいとされたケースでも試す価値があります。

\審査資料はたった2点のみ/

ビートレーディングの公式サイトはこちら

※最短5時間のスピーディな審査

ウィット

ウィット メイン画像

利用対象 法人・個人事業主
対応地域 日本全国
対面・非対面 入金まで非対面での対応可能
利用金額 下限なし
最短入金時間 2時間~

ウィットはあらゆる事業主に対してファクタリングを実施していますが、とくに500万円以下の小口専門のサービスとしています。

そのため、個人事業主やフリーランスの方を対象とした買取実績の豊富さが特徴です。

最小で30万円の買取を行い、この金額では93パーセントもの高い買取実績を誇ります。審査に通過するか心配な方も、安心して申し込めるサービスだと言えるでしょう。

申し込み手続きは非対面で完結します。電話やWebフォームからの申し込み、審査となっていますので、遠方の方でも問題なく利用可能です。

申し込みからすぐに審査に移り、問題がなければ即時入金となりますので、最短2時間程度で成約となります。同社では資金調達法を含めたコンサルティング事業も行っていますので、サービス利用と同時に、経営についての相談をするのもいいでしょう。

資金繰りに悩んでいる経営者の心強い助けとなります。

\電話一本で資金調達が可能/

ウィットの公式サイトはこちら

※最短2時間で現金化

ウィット メイン画像ウィットの評判・口コミ・審査・必要書類を解説【個人事業も可能なファクタリング会社】

けんせつくん

けんせつくん

運営会社 株式会社ウィット
手数料 5%~
対象
  • 建設業界の方
  • 個人事業主も可
利用上限 なし
審査・入金スピード 即日最短で2時間
手続き方式 オンライン・LINE

けんせつくんは、その名からもわかる通り、建設業界を専門としたファクタリングを実施しています。個人事業主はいわゆる一人親方が多い建設業界における割合が高いので、業界特化型のサービスは非常に便利です。

業界特有の事情で、取引先から入金が遅いとか、支払いがなされるか不安といった問題がどうしても付きまといます。

そのような悩みを抱えているのであれば、請求書でも注文書でもファクタリングができる、同社のサービスを検討する価値があります。

審査を始めてから最短2時間程度で審査結果の通知と入金をしてくれますので、急ぎの入り用でも対応可能です。

WebチャットやLINE、電話など問い合わせ手段が複数あり、都合のいい方法を選べるのも便利なところです。

手数料は5パーセントからと割安ですし、少額の取引であっても積極的に買取をしているため、利用しやすいサービスと言えるでしょう。

\審査開始から最短2時間で入金!/

けんせつくんの公式サイトはこちら

※少額の買取も可能

けんせつくん【2023年1月】けんせつくんの評判・口コミや審査内容・必要書類を解説【建設業界専門のファクタリング】

えんナビ

えんナビの評判・口コミ

運営会社 株式会社インターテック
手数料 5%〜
対象 法人・個人事業主 / フリーランス
利用上限 売掛債権金額が50万円~5,000万円
審査・入金スピード 最短45分
手続き方式 オンライン完結・対面・出張対応可能

えんナビは、東京都台東区に本社を構える株式会社インターテックが提供しているファクタリングです。法人だけでなく、個人事業主も対象としていて、50万円の小口売掛債権でも取り扱いをしています。

24時間365日無休で営業をしているのも特徴です。土日祝は休みとしている会社も多いので、すぐにでも資金繰りの必要があるケースに大きな助けとなるでしょう。

最短1日での審査・入金をしていて、スピーディーな対応も評判です。ファクタリングは2社間取引と3社間取引の両方を扱っていますので、手数料や相手に知られても構わないかどうかといったポイントで自由に選べます。

償還請求権がないノンリコース契約とすることも可能で、債権の回収が難しいと感じるような売掛でも安心して依頼できます。ホームページから30秒で終了する簡単査定プログラムがありますので、まずはこちらから試してみるのもいいでしょう。

\30秒でカンタン審査/

えんナビの公式サイトはこちら

法人・個人事業で利用可能!

えんナビの評判・口コミ【2023年1月】えんナビの評判・口コミ・審査内容・必要書類を解説【ファクタリング】

西日本ファクター

西日本ファクター メイン画像

利用対象 法人あての売掛金を持っている事業主
個人事業主
対応地域 九州、中国、関西(一部地域を除く)
買取可能金額 〜3,000万円迄
業種 建設業、運送業、製造業、卸売業、サービス業、医療福祉
最短入金日 九州エリア最短1日(他地域要問合せ)

西日本ファクターはクラウド契約システムを採用して、非対面・完全オンライン完結型のサービスを特徴としています。

請求書などの必要書類はすべてスマホで撮影してアップロードするだけですし、必要な情報も画面上で入力するだけです。

こうした効率的な手続きができるため、サクサクと処理が進んでいき、高額案件であっても最短で即日入金となっています。

関西と熊本含む南九州を営業エリアとしていて、3社間取引と2社間取引のどちらかから選べます。融資とは違って担保や保証人を用意する必要はなく、気軽に利用できるのも特徴です。

売掛先が倒産してしまったというケースでも、償還請求権がありませんので、利用者に支払い義務が発生しません。売掛の状況が不安だと感じている際には、利用するメリットが高いサービスと言えるでしょう。

LINEで無料相談を受け付けていますので、初めての方はこちらから問い合わせてみるのもありです。

\Webは24時間受付中/

西日本ファクターの公式サイトはこちら

※クラウド契約にて、非対面にて契約締結可能

西日本ファクター メイン画像西日本ファクターの評判・口コミ・審査・必要書類!【九州のファクタリング】

個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリング会社の選び方

個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリング会社の選び方

全国に多くのファクタリング会社が存在しているため、どこを利用したらいいか、迷ってしまうかもしれません。とくに、個人事業主・フリーランスの場合は法人と違って、利用できる条件が厳しくなる傾向にありますので、しっかりと会社を選ぶ必要があります。

そこで、どのようなポイントをチェックして会社選びをするといいかを解説していきます。

取引先に知られないかどうかで選ぶ

個人事業主・フリーランスの場合、取引先の数は限られているため、1つでも関係を失いたくはありません。

しかし、ファクタリングは売掛債権の譲渡という形でなされますので、場合によっては債権譲渡したことが相手に知られてしまう危険があります。

そうなると、取引先から資金繰りが厳しくなっているのではないかと疑われたり、単純に債権譲渡をするようなところは信頼できないと思われたりする可能性が出てきます。

こうした事態にならないように、回収は自分で行う2社間取引を利用して、ファクタリングができるかを確かめる必要があるでしょう。

また、たとえ2社間取引をするとしても、確認のために相手に連絡して知られることがないかも確かめるべきです。心配なら、申し込みの際に明確に、取引先には知られたくない旨を伝えておきましょう。

審査・入金スピードで選ぶ

そもそもファクタリングを利用する理由とメリットは、すぐに資金調達ができることです。

時間がかかるようなら、単に売掛回収まで待てばいいだけだからです。そのため、審査・入金スピードがどのくらいかを比較しましょう。

多くの会社は即日入金、遅くても翌日入金が可能です。早いところだと、数時間程度での入金対応をしています。

ただし、即日入金とうたっているとしても、午前中までの受付分のみなどの条件を課せられている場合がほとんどです。こうした条件についても、事前に確認しておきましょう。

また、会員登録で自分の情報を登録すれば、少なくとも利用者側の審査は不要となるサービスも見られます。売掛先だけの審査で済む分、より早い入金となるわけです。

繰り返し使うことを考えると、こうした登録ができる会社のほうが有利です。

提出書類の少なさで選ぶ(請求書・通帳等)

提出書類が多いと手間がかかりますし、準備に時間が取られてしまいます。

そうなると、必然的に手続きが遅れて入金まで待たないといけません。会社によっては、個人事業主であれば本人確認書類と請求書のみ、もしくは請求書と通帳のみでOKとしているところもあります。

この書類の提出については、その種類の多さだけでなく、提出方法についても比較するといいです。

というのも、郵送や手渡しのみの提出だと面倒ですし、時間がかかってしまいます。審査はスピーディーと言っていても、郵送に数日かかっていては意味がありません。

多くの会社では、スマホで請求書等の写真を撮って送信するだけとか、パソコンからPDFファイルの形でアップロードするのみで良しとしています。提出の仕方についても、より楽に手続きができるところを選びましょう。

ファクタリング会社の規模・実績で選ぶ

お金のやり取りをするわけですし、重要書類である請求書や自分に関する個人情報を提示するからには、安心できる信用度の高い会社を選ぶべきです。

上場企業もしくはグループ会社といった大きな会社であることは、それを見分けるのに大事なポイントとなります。もしくは、今までの取引実績が豊富で、多くの顧客に利用されていることも、信頼度を測る一つの目安と言えるでしょう。

多くの実績があれば安心感があるだけでなく、ノウハウがある分、それだけ作業効率もいいですし、面倒な事態が生じにくいというメリットもあるからです。

ファクタリング実績が多いことは、それだけ資金力があるという意味でもあります。

その分、高額の債権でも積極的に買取をしてくれる可能性が高いですし、審査通過率も高くなります。使いやすさという面でプラス評価を下す要素の一つともなりますので、事前に確認してみましょう。

少額対応可能かで選ぶ

個人事業主・フリーランスの場合は、それほど高額の売掛債権を持っていないものです。

しかし、ファクタリング会社の中には効率を求めて、100万円以上の売掛債権でないと対応しないと定めているところもあります。そうなると個人事業主には厳しいので、小口対応をしているかどうかを確かめる必要があります。

30万円あるいは50万円くらいから買い取ってくれるのであれば、たいていのケースに対応できるでしょう。会社によっては下限金額を設けていないというところもありますので、より小さな金額で十分という場合は要チェックです。

土日対応・夜間対応の柔軟性で選ぶ

個人事業主・フリーランスは一人もしくは家族だけで働いていることが多いので、やることが多く、毎日忙しいものです。平日は通常業務やお客様への対応などで、なかなか時間を取れないことも多いでしょう。

そのため、営業時間が長くて土日でも受付してくれるところを選ぶと便利です。ファクタリング会社は土日を休みとしているケースも多いのですが、個人事業主を対象としている会社は事情をよく知っているため、土日対応をしてくれることもあります。

メールやオンラインでの受付はいつでも問題なく、すぐに対応する会社も見受けられます。自分が選択する申し込み方法についての対応時間を確認してみましょう。

支払い期日で選ぶ

ファクタリングを契約する際には、支払い期日の設定がなされます。初めてファクタリングを利用する方は、融資を受けるわけではないのにどのようにして支払いをする必要があるのか?と疑問に思うかもしれません。

一般的なファクタリングは主に2種類、3社間取引と2社間取引です。

3社間取引では、債権を直接ファクタリング会社が買い取って、その対価を利用者に払います。そして、売掛金の回収はファクタリング会社が行います。

そのため3社間取引を選んだ場合は、利用者側で支払いをする必要はなく、支払い期日という概念も存在しません。

一方で、2社間取引の場合は、ファクタリング会社が直接その債権を買い取るというより、債権を担保として一時的にお金を受け取るというイメージに近いです。

そのため、売掛金は自分で取引先から回収します。その後、その全額を自分でファクタリング会社に支払ことになるため、その場合は支払い期日が設定されるわけです。

個人事業主の場合は、取引先に知られたくないことから2社間取引を選ぶことが多くなります。つまり、たいていは支払い期日のある契約となります。

基本的に、この支払い期日は売掛金の入金日です。売掛をする時にその入金日が決められていて、請求書などに記載れているはずですので、その日付がそのままファクタリング会社への支払い期日となると考えていいでしょう。

ですから、利用者は売掛回収を遅れることなくその日に完了して、そのまま入金する必要があります。

中には売掛入金日よりも1週間程度遅い日付を設定している会社もあります。こうした措置がなされていると、支払い作業が楽になりますし、何よりもプレッシャーが少ないです。あまり多くはありませんが、支払い期日に余裕がある会社を見つけたら、有利な条件と考えるといいでしょう。

支払い期日と同時に、万が一支払いが遅れた場合の条件も確認しておくべきです。

支払いが遅れたら、すぐに債権が譲渡されることになるケースもあります。もしくは、支払いが猶予されるとしても、遅延損害金が請求されることになります。

売掛金回収は取引先の事情に大きく影響されるものですので、万一の事態に備えて、こうしたことも確認しておくと安心です。

利用可能な上限金額で選ぶ

経営資金は少額で済むこともありますが、設備投資などのために多額の資金が必要になることもあります。

ファクタリングはそうした事情にも対応できる手法となります。もし、多額の売掛金を保有しているのであれば、それをすべて現金化できれば大きな助けとなるはずです。そこで、ファクタリング会社を選ぶ際には、最大でいくらまで現金化できるかをチェックしておくことは重要です。

これは会社によってかなり基準が異なります。100万円程度しか受け付けていないところもあれば、1億円もしくは上限なしという会社さえあります。

ただし、条件設定されているとしても、必ず利用できるとは限りません。金額が多くなるとリスクが高くなりますので、債権先の状況によっては審査に通りづらくなってしまうこともあるからです。

また、上限額が小さいから良くない会社だとも言い切れません。

というのも、あえて上限額を低くすることで、小規模会社や個人事業主を中心としたサービスを展開している会社もあるからです。個人事業主はそもそもそれほど大きな額の売掛を持つことはないので、範囲を限定することで小回りの利くサービスを提供しようとする思惑から、そのような方針を採っているところもあります。

こうしたことも考え、まずは自分が持っている売掛債権の金額を把握し、その金額を現金化できる会社であれば良しとするのがバランスの取れた選び方でしょう。

手数料で選ぶ

手数料は直接換金率となりますので、会社選びの中でも重要度の高いポイントです。個人事業主の利用することが多い2社間取引では、実質的に売掛金のうち手数料が差し引かれた分を後々支払う形です。

そのため、手数料が高いと支払い負担が増えて、逆に資金繰りが大変になる可能性も。会社によって手数料率は大きく異なりますので、しっかりとチェックして申し込みをしましょう。

ファクタリングのうち、2社間取引は手数料率が高めに設定される傾向があります。

相場としては10パーセントから最大で30パーセント程度。これを融資の際の金利と比較して考えると、実質的にはかなり高い料率となることがわかります。

それだけに、少しでも手数料が安いところを探すべきなのです。もし手数料が高いと、売掛金を回収してから支払いをするのが大変になってしまいます。

会社によっては、リピート客については手数料の見直しする制度を設けていることがあります。繰り返し利用しており、しかも支払いが確実に毎回されているとなれば、信用度が高いので手数料を下げても大丈夫、とファクタリング会社がリスク回避できる判断の要因となるからです。

そのため、ファクタリングを利用する機会が多いのであれば、リピーターに優しい会社を選ぶことも一つの手段となります。気になる会社の基本手数料と共に、手数料の優遇制度も比較して、自分にとってよりお得に利用できるところを見つけましょう。

個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリングは取引先に知られる?

個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリング会社は取引先に知られる?

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらい、1か月から2か月程度後になる現金回収よりもタイミングを早めて、すぐ現金化するという手法です。

キャッシュフローを改善するのに役立つ資金調達方法なのですが、一つデメリットとなる点があります。それは、債権譲渡をすると取引先に知られてしまうという問題です。

個人事業主・フリーランスの場合は取引先の総数が少ないため、1件でも切られてしまうと経営が一気に厳しくなるリスクもあります。売掛金を他人に譲渡したことが知られると印象が悪くなるので、できるだけ避けたいものです。

また、ファクタリングを利用していることがわかると、廃業リスクがあるのではないかと勘繰られて、後の取引を縮小されてしまう可能性もあります。

たしかに、ファクタリングを利用すると取引先に知られてしまうこともあります。しかし、それは3社間ファクタリングというタイプのサービスを利用した場合です。

3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が直接売掛金を買い取り、債権の回収もファクタリング会社が実施します。当然、元々の債権者が回収に行かないわけですから、債権譲渡したことを書類で証明して回収作業を行うことになります。

そうなると確実に取引先に知られてしまいますから、3社間ファクタリングを選んだ場合は相手に知られてしまうと考えるべきです。

一方で、ファクタリングには2社間取引もあります。これは、いわば売掛債権を担保にするようなイメージです。利用者は売掛金があることを示して、事前にファクタリング会社から現金を受け取ります。

その後、利用者本人が回収に行き、回収した売掛金を利用者がファクタリング会社に支払うという流れです。これなら、ファクタリング会社が債権回収をするわけではないので、取引先に知られることがありません。

2社間ファクタリングでも、売掛債権がたしかに存在するか、売掛先が信用できるかを確かめるために、契約時にファクタリング会社が確認作業を行います。

その際に、相手に知られるのではないかという不安を持つ方もいるでしょう。しかし、ほとんどのファクタリング会社は、2社間取引ではプライバシーが重要であることをよく理解しています。

実際に、2社間ファクタリングでは取引先に知られることはないという点を強調し、それをアピールポイントとしている会社がほとんどです。

こうしたことから、取引先に知られずにサービスを利用したいと考えているのであれば、問い合わせ時に2社間ファクタリングを利用したい、そして相手に知られたくない旨を伝えましょう。

ファクタリングでの個人事業主・フリーランスの必要書類

ファクタリングでの個人事業主・フリーランスの必要書類

会社によって申し込みの際に求められる書類は異なります。最もシンプルな手続き方法を採っているところでは、次のの2点だけというケースもあります。

  • 請求書や注文書などの売掛債権のことがわかる書類
    銀行等の通帳
  • これは、回収すべき売掛金の額と売掛先の情報を得ると共に、利用者の情報が分かれば十分としている会社の場合です。

一方で、さらに書類を求める会社もあります。

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 課税証明書
  • 決算書

こういったものを提出しなければならないところも見られます。利用者の情報についてさらに審査する会社に多く、支払い能力があるかを確かめるために、会計状況がわかる書類を出すことになっているのです。

手続きの簡単さで考えると、当然、提出書類は少ないほうがいいです。

とくに、決算書や課税証明書などの提出が必要だと、書類を自分で作成しないとならず、手間がかかってしまいます。書類を準備する時間が余計にかかり、結果として入金までの時間が長くなります。

できるだけ早く現金化したいと思っているのであれば、手間と時間は減らしたいところでしょう。

とはいえ、無条件に提出書類は少ないほうがいいとは言えないところもあります。というのも、提出書類が多い分、手数料が安く設定されていたり、利用金額の上限が高くなっていたりすることもあるからです。

審査を慎重に行う分、ファクタリング会社としてはリスクが減りますので、それを顧客側のメリットに回せるのです。もし提出書類をすぐに準備できるようであれば、単に手続きが簡単かどうかで決めずに、よりお得に利用できるサービスかを見ることが大事でしょう。

個人事業主・フリーランスがファクタリングを利用するメリット

個人事業主・フリーランスがファクタリングを利用するメリット

資金調達の手段に複数の選択肢はありますが、その中でもファクタリングを利用するメリットはいくつもあります。

法人企業と比較した時に、とくに個人事業主・フリーランスの場合はそのメリットが際立つ部分もあり、利用する価値が高くなります。

具体的にどのようなメリットがあるのかを考えてみましょう。

現金化のスピードが速い

ファクタリングは、入金が早いです。

標準的なサービスで翌日もしくは翌営業日、早いところでは数時間後、中には最短1時間以内の入金を武器としているところさえあります。

銀行融資などでは急いでいても数週間待たなくてはいけませんので、そのスピードの差はかなり大きいはずです。その速さを実現できるのは、ファクタリングという取引の性質が関係しています。

利用者の返済能力はほぼ問われることがなく、売掛先の支払いができる状態であれば、問題なく利用できるのが特徴です。

そのため、審査は実質的に売掛先のチェックだけで済み、その分余計な時間をかけずに済むわけです。

個人事業者の場合は、毎月の支払いに追われることも多々あって、当座のお金を準備できないと厳しい状況に追い込まれるリスクがあります。

そのような時に、すぐに現金を調達できるファクタリングサービスは大変役立つ助けとなるのです。

借金を抱えずに済む

ファクタリングは融資とは違い、負債もしくは借金となりません。

法人企業であれば、債務超過となって倒産しても、経営者個人にはその債務が及ばず、ある意味で守られています。

しかし、個人事業者の場合は負債があると、廃業してもその借金を返し続ける必要があります。そのため、いくら事業で資金が必要だとしても、できるだけ負債は抱えないようにしたいものです。

その点、ファクタリングはすでに請求が確定している売掛金を買い取ってもらい、そこから現金を調達するので、負債とはなりません。2

社間ファクタリングの場合は、売掛回収をした後に支払いをしなくてはなりませんが、それでも現金をしっかり準備できます。負債の返済とは違い、経済的な負担も、心理面でのプレッシャーも、大きく軽減されるでしょう。

もちろん回収した売掛金を使いこんでしまったり、支払期日に間に合わなかったりすると、借金と同じような扱いとなって遅延損害金がかかります。

必ず売掛金の回収と支払いを期日通りに行いましょう。

負債を抱えずに済むことは、心理的なメリットだけではありません。

負債があると信用情報機関にその情報が登録されますので、後々銀行等に融資を申し込んだり、クレジットカード発行申し込みをしたりする時に、審査が厳しくなる可能性も出てきます。

できるだけ負債額を少なくしておくことで、信用状況を健全に保ち、本当に融資が必要な時に万全な状態で申し込みできるようにしておくことは大事です。

そのためにも、借金としてカウントされないファクタリングを積極的に使うことは賢い方法と言えます。

手続きが簡単

銀行融資にしても、公的助成金にしても、申し込みから入金までの手続きは結構大変なことが多いです。

提出書類が多い上に、役所で作成しないといけない書類があるなど、書類準備だけでも手間がかかってしまいます。申し込み時に面談を受けたり、申請書類が正しいかその場でチェックされたりすることもあり、手続きに時間を取られてしまうケースも多いです。

しかも、審査が二重三重になされ、電話連絡などで確認されることがほとんどです。毎日普段の業務で忙しいので、こうした手続きはできるだけシンプルにして仕事に集中したい、というのが個人事業主の方の本音でしょう。

その点、ファクタリングの申し込みは非常に簡単です。オンラインで完結できるサービスもあり、必要書類もPDFファイルもしくは写真撮影したものを送信するだけで十分です。

店頭まで行って面談しないとダメという会社はまれで、面談が必要でも電話やチャットで十分としています。審査も確認事項が少ないため、すぐに終わり、面倒がありません。

中には、リピーター向けに会員登録のような形で、自分の情報を登録しておける機能を設けている会社もあります。

一度、個人情報や事業の内容を入力して登録すれば、2回目以降は請求書のアップロードだけで申し込みができるわけです。利用頻度が高いのであれば、より簡単に手続きができるこうしたサービスは非常に便利でしょう。

保証人や担保がなくても資金調達できる

金融機関から融資を受けたいと思っても、提供する担保がないとか、保証人になってくれる人がいないといった問題で、諦めてしまう個人事業主は多くいます。

金融機関としてもリスクを抱えないために、保証となる担保などを設定しておくことは欠かせないことですので、これは仕方のないことです。

提供する担保があるとしても、その手続きはかなり面倒なものです。不動産の登記簿謄本を取ったり、資産価値評価をしたりと手間も時間もかかり、融資を受けるのが遅れてしまいます。

その点、ファクタリングでは保証人や担保を提供する必要は一切ありません。というのも、このサービスは売掛債権を買い取るという仕組みであり、お金を貸し付ける融資とは異なるからです。

いわば、売掛という商品を利用者が売っているのと同じとも言えます。

そのため、請求の確定している売掛金が本当に存在していれば、他は何も提供しなくても、資金調達ができるのです。それだけ気軽に利用できる方法となります。

担保などが要らない資金調達法としては、事業用カードローンもあります。しかし、担保設定なしだと利用限度額は限られていて、大きな額は動かせないことが多いものです。

しかし、ファクタリングの場合は、会社によっては利用額の上限が1,000万円以上とかなり大きく設定されているところもあります。担保や保証人がなくてもこれだけ大きな額を調達できる手段はそうそうありませんので、ファクタリングを利用する価値は高いと言えるでしょう。

個人事業主・フリーランスがファクタリングを利用するデメリット

個人事業主・フリーランスがファクタリングを利用するデメリット

個人事業主・フリーランスにとってメリットが大きいファクタリングにも、デメリットと言わざるを得ない点もあります。申し込みをする際、もしくは利用する際の注意点として、覚えておきましょう。

売掛の内容によっては利用できないこともある

ファクタリング申し込み時には、必ず審査があります。

この審査は、売掛先についての確認がメインとなります。具体的には、その会社の事業規模や信用状況です。過去の買取履歴から、返済遅れや回収不能となった経歴がある売掛先だと、審査に通らない可能性も。

また、売掛債権そのものについての確認もなされます。たとえば、請求が確定していないものや、すでに支払い期日が過ぎているなど、支払い遅滞状態の債権だと断られてしまうこともあるでしょう。会社によっては、売掛先が法人企業でないと、そもそも申し込めないとしているケースも多いです。

個人事業主やフリーランスに対する売掛では、ファクタリングは利用しにくいことを覚えておきましょう。

売掛金額が審査に影響することもあります。ほとんどの会社で、利用金額の上限と下限を設けています。下限については、個人事業主を対象としている会社では30万円くらいとしているケースが多いです。

もし売掛金額が設定金額に満たなければ、申し込みの段階で断られてしまいます。

上限金額については、一応設定金額が明示されていても、売掛先や利用者によって対応が異なります。初回利用であまり信用状況が高くない人の場合、あまりに高い金額だと、リスクが高いために断られるケースもあるでしょう。

逆に、何回もリピートしている利用者で、売掛先の履歴が残っている状態であれば、高額の利用でも審査に通りやすくなります。

手数料が高くなることもある

個人事業主の場合、取引先に債権譲渡のことを知られたくないという気持ちから、2社間ファクタリングを選択する傾向があります。

もちろん、その後の取引のことを考えると正しい選択と言えるでしょう。しかし、一般的に2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングよりも手数料が高くなります。

3社間取引の場合は最低料率が2パーセントくらいのところもありますが、2社間取引となると少なくとも10パーセントはかかってしまいます。こうしたことを踏まえ、ファクタリングはキャッシュフローを改善するために、すぐに資金が必要な時に利用するものだ、という認識を持つことが大事です。

個人事業主・フリーランスが利用できる即日入金可能なファクタリング会社

個人事業主・フリーランスが利用できる即日入金可能なファクタリング会社は

ファクタリング会社の中でも、多くの利用者がありがたいと思っているサービスが即日入金です。やはり資金が必要な時は突然起こることも多いからです。

ただし、100パーセント現金化できるという保証はありません。審査の結果がダメなら、他の会社を検討する必要があります。

そこで、迅速な手続き処理は行われる、即日入金が可能なファクタリング会社をチェックしておくといいでしょう。具体的には、以下のような会社があります。

このように、多くの会社で即日入金対応が可能となっていますので、安心して利用できます。

注意点としては、すべての申し込みが即日入金となるわけではないことです。申し込む時間が遅ければ、その日のうちに間に合わないことも当然出てきます。

また、売掛金額が大きいとか、売掛先の状況がよくつかめないというケースでも、審査に時間がかかってしまいます。

できるだけ早く入金してもらうためには、まず必要書類を事前に準備しておき、すぐに提出することが大事です。

その上で、売掛先についての情報を正確に伝えて、素早く審査をしてもらえるようにしましょう。

何よりも急ぎで資金を必要としているのであれば、申し込みを遅らせることなく、早めに問い合わせをして手続きを始めるべきです。

個人事業主・フリーランスが利用できる審査の緩いファクタリング会社

個人事業主・フリーランスが利用できる審査の緩いファクタリング会社は

審査に通らなければ、利用はできません。そのため、審査が緩い会社を見つけたいと思うのは当然です。

しかし、売掛先の状況や売掛金額などによって審査内容は異なりますので、一概に「この会社は緩い・厳しい」とは言えません。

実際、ほとんどの会社は審査通過率を公表していないので、実態はわからないものです。参考として、通過率を公表しているのは以下の会社です。

この数字からもわかるように、ファクタリングはそもそも融資のように厳しい審査をするわけではありません。あまり心配せずに、とりあえず問い合わせをしてみましょう。

土日利用の可能な個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリング会社

土日利用の可能な個人事業主・フリーランスが利用できるファクタリング会社

すぐにでも現金が必要、平日は仕事で忙しくて手続きができないという方ならば、土日も営業しているところだと大変助かります。土日でも電話による受付をしていて、そのまま審査などの手続きをしてくれる会社は以下の通りです。

これらの会社以外でも、サイトのフォームからの受付はどの会社でもいつでも可能です。次の営業日には手続きを始められますので、あまり待つことなく現金化ができるでしょう。

おすすめファクタリング比較表

ファクタリング 入金・手数料等 評判・口コミ・審査内容
資金調達プロ
24時間OK・日本全国対応・10秒カンタン無料診断・最短即日入金
入金スピード:最短即日
手数料:ファクタリングによる
法人・個人事業主OK
 資金調達プロの評判・口コミ・審査
プロテクトワン
最短数時間で入金!手数料も1.5%〜と業界最安級
入金スピード:最短数時間
手数料:1.5%
法人・個人事業主OK
 プロテクトワンの評判・口コミ・審査
支払い.com
請求書払いクレジットカードで先延ばし可能
入金スピード:最短1日後の振込に対応
手数料:4%
法人・個人事業主OK
 支払い.comの評判・口コミ・審査
SOKULA(ソクラ)
最短2時間・審査通過率93%
入金スピード:最短2時間
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK
SOKULA(ソクラ)の評判・口コミ・審査
ビートレーディング
最短1日の注文書ファクタリング
入金スピード:最短1日
手数料:2.0%〜
法人・個人事業主OK
ビートレーディングの評判・口コミ・審査
QuQuMo(ククモ)
Web完結で圧倒的スピード!最短2時間
入金スピード:最短2時間
手数料:1.0%〜
法人・個人事業主OK
QuQuMo(ククモ)の評判・口コミ・審査
エスコム
最短翌日に1億円資金調達可能な法人専門ファクタリング
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人のみOK
エスコムの評判・口コミ・審査
マネーフォワード アーリーペイメント
大手で安心・発注時点での早期資金化も対応
入金スピード:最短2営業日
手数料:1.0%〜
法人のみOK
マネーフォワード アーリーペイメントの評判・口コミ・審査
GMOフリーランスファクタリング
即日ファクタリング・審査書類は請求書だけ
入金スピード:最短2営業日
手数料:1.0%〜
個人事業主のみOK
GMOフリーランスファクタリングの評判・口コミ・審査
ラボル
最短60分&土日対応のフリーランス向け
入金スピード:最短1時間
手数料:10%
個人事業主のみOK
ラボルの評判・口コミ・審査
LINK
AIで10秒査定・即日オンライン完結ファクタリング
入金スピード:最短2時間
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK
LINKの評判・口コミ・審査
ペイトナーファクタリング
AI審査・無料登録ですぐ利用可
入金スピード:最短1時間
手数料:10%
法人・個人事業主OK
ペイトナーファクタリングの評判・口コミ・審査
FREENANCE(フリーナンス)
フリーランス・個人事業主向けファクタリングで人気
入金スピード:即日
手数料:3%〜
法人・個人事業主OK
FREENANCE(フリーナンス)の評判・口コミ・審査
Easy factor
最短見積もり10分、即日振込対応
入金スピード:即日
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK 
Easy foctorの評判・口コミ・審査
えんナビ
24時間・土日祝対応
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
えんナビの評判・口コミ・審査
PayToday(ペイトゥデイ)
AI審査で最短30分
入金スピード:最短30分
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
PayToday(ペイトゥデイ)の評判・口コミ・審査
ベストファクター
最短1時間で30万円〜入金可
入金スピード:最短1時間
手数料:2.0%〜
法人・個人事業主OK
ベストファクターの評判・口コミ・審査
ファクタリング TRY
24時間受付対応
入金スピード:最短即日
手数料:3%〜
法人・個人事業主OK
ファクタリング TRY(トライ)の評判・口コミ・審査
三共サービス
2001年創業の老舗ファクタリング
入金スピード:最短翌日
手数料:1.5%~
法人のみOK
三共サービスの評判・口コミ・審査
西日本ファクター
九州なら最短即日のファクタリング
入金スピード:最短即日(九州)
手数料:2.8%〜
法人・個人事業主OK
西日本ファクターの評判・口コミ・審査
ウィット
最短2時間・少額・個人事業主OK
入金スピード:最短2時間
手数料:調査中
法人・個人事業主OK
ウィットの評判・口コミ・審査
日本中小企業金融サポート機構
審査通過率95%以上
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
日本中小企業金融サポート機構 ファクタリングの評判・口コミ・審査
アクセルファクター
年間相談件数3000件の実績
入金スピード:最短即日
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK
アクセルファクターの評判・口コミ・審査
トップ・マネジメント
累計45,000件の買取実績
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
トップ・マネジメントの評判・口コミ・審査
ネクストワン
2社間でも手数料5%〜
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人OK・個人事業主不可
ネクストワン(Next one)の評判・口コミ・審査
いーばんく
土日・祝日OK&全国対応
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人OK・個人事業主不可
いーばんくの評判・口コミ・審査
MSFJ
手数料1.8%〜で業界最安クラス
入金スピード:最短即日
手数料:4%〜
法人・個人事業主OK
MSFJの評判・口コミ・審査
うんそうくん
運送業界専門のファクタリング
入金スピード:最短2時間
手数料:5%〜
法人・個人事業主OK
うんそうくんの評判・口コミ・審査
けんせつくん
建設業界専門のファクタリング
入金スピード:最短2時間
手数料:5%〜
法人・個人事業主OK
けんせつくんの評判・口コミ・審査
チョウタツ王
ファクタリング無料一括査定サービス
入金スピード:最短即日
手数料:0.5%〜
法人・個人事業主OK
チョウタツ王の評判・口コミ・審査
ジャパンマネジメント
50万円〜5000万円の調達が可能
入金スピード:最短即日
手数料:3.0%〜
法人・個人事業主OK
ジャパンマネジメントの評判・口コミ・審査
Mentor Capital(メンターキャピタル)
50万円〜5000万円の調達が可能
入金スピード:最短即日
手数料:2.0%〜
法人・個人事業主OK
Mentor Capital(メンターキャピタル)の評判・口コミ・審査
BESTPAY(ベストペイ)
オンライン受付24時間対応
入金スピード:最短翌日
手数料:5.0%〜
法人・個人事業主OK
BESTPAY(ベストペイ)の評判・口コミ・審査
GMO BtoB早払い
ファクタリング無料一括査定サービス
入金スピード:最短即日
手数料:2%〜
法人のみOK
GMO BtoB早払いの評判・口コミ・審査
関連記事 個人事業主・フリーランスが利用可能なファクタリングおすすめ16選