BESTPAY(ベストペイ)の評判・口コミ・審査内容【24時間受付・ファクタリング】

BESTPAY メイン画像

本記事では、法人・個人事業主に人気のファクタリングサービス「BESTPAY(ベストペイ)」について解説していきます。

特徴やメリット・デメリット、評判・口コミをわかりやすく紹介していきます。

注文書買取サービス「BESTPAY」

  • 手数料5%〜
  • ノンリコース、補償リスク無し
  • 最短翌日入金

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

 

BESTPAY(ベストペイ)の評判・口コミまとめ
  • 評判・口コミ①:フリーランスでも好条件で利用できる点
  • 評判・口コミ②:注文書買取でしかも安い
  • 評判・口コミ③:気軽に相談したところ将来のことについても考えていただきここしかないと思いました
  • 評判・口コミ④:審査結果が良かった
  • 評判・口コミ⑤:審査が通ったのはここだけでした
  • 評判・口コミ⑥:入金期間を2ヶ月早められると言うのだから、こちらとしては願ったり叶ったり
  • 評判・口コミ⑦:調達額が希望通りだったのに加え、短期間で資金化できる
  • 評判・口コミ⑧:必要なのは注文書と通帳、申込書の3点だけでした
  • 評判・口コミ⑨:申込みで不明な点があるとすぐにzoomに繋いでくれた

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

ビジネスを営むうえで急な出費は日常茶飯事です。しかし、急な出費に対応できるよう常にまとまった資金を手元に置いている人は少ないのではないでしょうか。

中小企業や個人事業主は言わずもがな、ある程度の規模の企業でも資金繰りに苦労しているところは少なくありません。そのような時に頼りになるのが、ファクタリングサービスです。

ファクタリングとは、売掛債権を譲渡することで、サービス提供会社によって売掛金を実際の入金より前に現金化するサービスのことを言います。

ファクタリングサービスを提供している企業は数ありますが、従来のファクタリング会社よりもスピーディーな現金化が評判なのが、今回紹介するBestPayです。

では、BestPayがどのような面で他社のサービスより優れているのか。また、その特徴やメリット、実際の利用に際して知っておきたいことなどを併せてチェックしておきましょう。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

目次
  1. BESTPAY(ベストペイ)とは
  2. BESTPAY(ベストペイ)のメリット
    1. 受注の段階で早くも資金を調達できる
    2. 取引先に知られることなく利用できる
    3. 大型案件の受注の際に便利
    4. 債権が回収できなくなった時も安心
    5. 個人事業主やフリーランサーも利用できる
    6. 入金のスピードが早い
    7. 赤字決算や税金の滞納中でも利用可能
    8. 審査の難易度が低め
    9. 信用情報が傷つかない
    10. 担保や保証人がなくても利用できる
  3. BESTPAY(ベストペイ)のデメリット・注意点
    1. 少額の資金調達には利用できない
    2. 手数料の上限が明記されていない
  4. BESTPAY(ベストペイ)の評判・口コミ
    1. 評判・口コミ①:フリーランスでも好条件で利用できる点
    2. 評判・口コミ②:注文書買取でしかも安い
    3. 評判・口コミ③:気軽に相談したところ将来のことについても考えていただきここしかないと思いました
    4. 評判・口コミ④:審査結果が良かった
    5. 評判・口コミ⑤:審査が通ったのはここだけでした
    6. 評判・口コミ⑥:入金期間を2ヶ月早められると言うのだから、こちらとしては願ったり叶ったり
    7. 評判・口コミ⑦:調達額が希望通りだったのに加え、短期間で資金化できる
    8. 評判・口コミ⑧:必要なのは注文書と通帳、申込書の3点だけでした
    9. 評判・口コミ⑨:申込みで不明な点があるとすぐにzoomに繋いでくれた
  5. BestPayはどのような方におすすめ?
    1. 銀行の融資を受けられない企業
    2. 支払いサイクルが長い業種で資金繰りに苦労している
    3. 注文書を現金化できる方法を探している
  6. BESTPAY(ベストペイ)の手数料
  7. BESTPAY(ベストペイ)の審査
    1. 審査内容
    2. 審査時間・入金スピード
    3. 審査通過率・厳しさ
  8. BESTPAY(ベストペイ)の必要書類
  9. BESTPAY(ベストペイ)の利用の流れ
  10. BESTPAY(ベストペイ)の営業時間
  11. BESTPAY(ベストペイ)でよくある質問
    1. 銀行融資の審査に落ちたのですがBESTPAY(ベストペイ)を利用できますか?
    2. 売掛先に注文書を売却したことを知られることはありますか?
    3. どのような注文書が売却できますか?
    4. 個人事業主もBESTPAY(ベストペイ)を利用できますか?
    5. 必ず来社しなければならないのですか?
  12. おすすめのファクタリングまとめ

BESTPAY(ベストペイ)とは

BESTPAYとは

運営会社 株式会社アレシア
手数料
  • 注文書の種類や受注先の信用、案件完了までの期間などによって異なる
  • 注文書買取ファクタリングの手数料として5%から
対象 法人・個人事業主
利用上限
  • 100万円から3億円程度
審査・入金スピード
  • 最短即日入金
手続き方式 オンライン完結

BESTPAY(ベストペイ)とは、アレシアの提供するファクタリングサービスです。通常のファクタリングは請求書の譲渡によって現金化を行いますが、BESTPAY(ベストペイ)は注文書、つまり、受注段階で現金化できるサービスとなっています。

BESTPAY ファクタリング

 

BESTPAY(ベストペイ)を運営するアレシアとは、東京都新宿区に本拠を構える2017年設立の企業です。BESTPAY(ベストペイ)以前に「ベストファクター」というファクタリングサービスの提供を開始しています。

ベストファクターは、売掛金だけでなく、介護報酬や診療報酬の債権の買取も行う幅広いニーズに応えるためのサービスです。ベストファクターによって実績を積み、さらに多様化するニーズに応えるために、2021年にBestPayのサービスをスタートさせました。

BESTPAY(ベストペイ)は、フィンテック企業のTranzaxの技術提供と監修を受けて運営されています。リスク分析の手法を利用しているため、債権として確定する前の受注段階での資金化が可能なのです。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)のメリット

BESTPAYのメリット

注文書を現金化できる特徴を持つBESTPAY(ベストペイ)ですが、このサービスを利用することで具体的にはどのようなメリットが得られるのでしょうか。

BESTPAY 3つのメリット

 

受注の段階で早くも資金を調達できる

BESTPAY(ベストペイ)は注文をベースに資金化を行います。従来のように、カスタマーから注文を受け、売掛契約を交わしてから請求書などをもとに資金化するファクタリングサービスと違って、資金化が格段に早い段階でできます。

従来のファクタリングも、請求書の段階で資金を調達できるわけですから、実際に入金されるのを待つよりも早いです。

しかしこの場合、仕入れや外注などでコストが発生しても、請求書の発行までは現金を手にすることができないため、それまでのコストは自社で負担しなければなりません。

一方、BESTPAY(ベストペイ)の場合、受注段階で手元に資金を置けるため、従来なら資金不足で断らざるを得なかった注文も受けられるようになるのです。「設備投資の費用がないために大型案件を引き受けられない」などという事態を回避できます。従来のファクタリングサービスにはない、BESTPAY(ベストペイ)ならではの大きなメリットと言えるでしょう。

取引先に知られることなく利用できる

サービスによっては、ファクタリングを利用するために売掛先の承諾が必要な場合があります。BESTPAY(ベストペイ)はそれが不要です。

ファクタリングは、経済産業省や中小企業庁などが認知と普及に努めている資金調達法です。利用するのに何の後ろめたいところもないはずですが、「取引先に知られたくない」との思いは多くの企業が抱いているのではないでしょうか。

「資金難だろうか?」などと勘ぐられると、自社の印象を損なうことにもなるでしょう。それゆえ、ファクタリングの利用をためらっていた企業も少なくないはずです。

その点、BESTPAY(ベストペイ)は、売掛先にファクタリングの利用を知られるおそれは一切ありません。BESTPAY(ベストペイ)の運営会社が売掛先に通知することもないので、実際に資金難であったとしても、受注さえあれば安心してサービスを利用できるでしょう。

大型案件の受注の際に便利

ファクタリングサービスを提供する企業は、各社、利用にあたって最低額と最高額を設定しています。BESTPAY(ベストペイ)は100万円から3億円程度と買取可能な金額が大きいため、大型案件の受注の際に威力を発揮するでしょう。

億単位の売上が予想されるような注文の場合、プロジェクトに着手、実行するのにも少なくないコストがかかるものです。そのため、手元に資金がないと、必要経費が賄えないために受注したい案件を断らざるを得ないことがあります。そうなっては、大きなビジネスチャンスの損失です。

そのような時にBESTPAY(ベストペイ)を利用すれば、注文段階でまとまった資金が調達できます。従来は受注できなかった規模の案件を受注できるため、企業の収益や実績をこれまで以上に高めることにもつながるでしょう。

債権が回収できなくなった時も安心

BESTPAY(ベストペイ)はノンリコースのファクタリングサービスです。ノンリコースとは、資金を貸した側がその返済を対象資産のみに求める融資方法のことを言います。そのため、もし売掛先の倒産などによって債権の回収が不可能になったとしても、自社に補償を請求されることはありません。

事前にBESTPAY(ベストペイ)側が売掛先の調査を行い、その信用や業績にもとづいて入金の可否を決めます。そのため、売掛先が債権を支払ってくれない事態があったとしても、その責任を自社に問われることはないのです。

個人事業主やフリーランサーも利用できる

ファクタリングサービスの中には法人のみを対象にしたものが少なくありません。それに対して、BESTPAY(ベストペイ)は個人事業主やフリーランサーも利用できるサービスです。

それだけ間口が広いため、銀行で融資を受けられなかった法人でも利用できることがあります。そもそもファクタリングはローンや融資などではないため、信用情報によらず利用できるのがメリットです。

入金のスピードが早い

BESTPAY(ベストペイ)の公式ウェブサイトによると、現金の振込までの日数は最短翌日となっています。「最短」ですから常に翌日に入金されるとは限りませんが、銀行で融資を受ける場合と比較すると格段に早いことがわかるはずです。

ファクタリングの中には、即日での入金できるサービスもあります。しかし、それらの多くは請求書ベースのサービスです。BESTPAY(ベストペイ)は受注時点で現金化できて、しかも、最短では申し込みの翌日に振り込まれます。

たとえ請求書の発行から即座に現金化できるとしても、注文書を翌日に現金化できるBESTPAY(ベストペイ)の人が早期の資金調達の手段としてははるかに早いわけです。

このスピードは他社のサービスにない大きなメリットでしょう。資金調達のスピードが大幅にアップすることで、貴重なビジネスチャンスを失うおそれが少なくなるとともに、債務不履行や黒字倒産などのリスクも予防できます。入金までの期間が長い業種では特にメリットを感じるのではないでしょうか。

赤字決算や税金の滞納中でも利用可能

ファクタリングは融資ではないため、銀行のローンとは審査の基準が違います。そのため、銀行のローンを利用できない赤字決算や税金滞納中の企業でも、BESTPAY(ベストペイ)なら利用できる可能性があります。

審査の難易度が低め

BESTPAY(ベストペイ)は注文書を資金化できるサービスですので、請求書をベースにしたファクタリングと比べて審査が厳しいのではないかと思ってしまいます。ところが、一般的なファクタリングより審査は通りやすいと言えるでしょう。

というのも、審査されるポイントは売掛先の状況だからです。売掛先の企業の信頼や実績からリスクが低いと判断されれば、自社の状況がどうであれBESTPAY(ベストペイ)を利用できる可能性は高いと言えるでしょう。

なお、BESTPAY(ベストペイ)の運営会社であるアレシアの提供するもう一つのファクタリングサービス「ベストファクター」について、公式ウェブサイトでは92.25%の審査通過率と明示されています。BESTPAY(ベストペイ)も同等の高い審査通過率と考えてよいでしょう。

信用情報が傷つかない

前述のとおり、ファクタリングは融資とは異なるため、BESTPAY(ベストペイ)を利用しても信用情報に履歴が残ることはありません。つまり、仮に審査落ちしたとしても、それで信用情報に傷がつくこともないのです。

担保や保証人がなくても利用できる

融資ではないファクタリングのBESTPAY(ベストペイ)では、利用において担保や保証人は求められません。適当な担保や保証人がないために銀行で融資が受けられなかった企業にも、BESTPAY(ベストペイ)ならスムーズな資金調達ができるチャンスがあります。

BESTPAY 他社比較

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)のデメリット・注意点

BESTPAYのデメリット・注意点

上記のように、数多くのメリットがあるBESTPAY(ベストペイ)ですが、利用にあたって注意しておきたいこともあります。BESTPAY(ベストペイ)のデメリットとなり得る点を確認しておきましょう。

少額の資金調達には利用できない

BESTPAY(ベストペイ)の公式ウェブサイトによると、利用できる金額は100万円~3億円程度となっています。3億円もの高額に対応しているのは大きなメリットですが、利用できるのが100万円からと下限が設定されていることに注意しましょう。

BESTPAY(ベストペイ)は法人だけでなく、個人事業主やフリーランサーも利用できるファクタリングですが、後者の場合、利用可能なのは100万円以上の請求書がある場合のみです。注文書を資金化できるのは法人のみを対象にしたサービスであり、個人事業主は請求書のみの取り扱いとなっています。

この点もBESTPAY(ベストペイ)のデメリットになるでしょう。したがって、BESTPAY(ベストペイ)の利用に最も適しているのは、ある程度の規模の取引がある法人と言えそうです。

手数料の上限が明記されていない

BESTPAY(ベストペイ)の公式ウェブサイトには、「注文書買取ファクタリングの手数料」は「5%~」と記載されています。ファクタリングの手数料は、売掛先の信用や実績、債権の種類、案件が完了するまでの期間など複数の要素を考慮したうえで決まります。そのため、利用者によって手数料が異なるのは仕方ありません。

ただ、手数料の下限が5%に設定されているのはともかく、上限が不明なのはデメリットではないでしょうか。場合によっては手数料が非常に高額になるリスクがあるわけです。仮に3億円の資金化の場合、手数料が1%違うだけで300万円もの差が生まれます。

上限が設定されていない理由は、通常なら取り扱いが困難な注文書にも積極的に対応してくれることの裏返しと見ることもできます。が、実際にいくら負担することになるのか上限がわからないことには注意が必要でしょう。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)の評判・口コミ

BESTPAYの評判・口コミ

評判・口コミ①:フリーランスでも好条件で利用できる点

フリーランスでも好条件で利用できる点に尽きます。フリー向けの請求書買取サービスは今どき珍しくありません。ですが発注書でもOKで、しかも好条件となるとBESTPAY(ベストペイ)以外は全滅でした。
最低額(100万)でもちゃんと審査を通過できたため。例えば某社のホームページにも「100万円~」と書かれていたのですが、いざ相談すると私のフリーとしての身分や受注先の会社規模を理由に難色を示されました。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ②:注文書買取でしかも安い

アパレル向けのSaaS導入でお世話になった企業からファクタリングの営業を受けたのですが、請求書買取な上に手数料が不満でした。bestpayさんは注文書買取でしかも安い。利用しない手はありませんでした。
女性に対して親身な対応だったから。以前銀行の人から「コロナ禍でアパレルとか正気ですか」と言われたことがあるのですが、こちらはファクタリング後の資金相談にも乗ってくれました。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ③:気軽に相談したところ将来のことについても考えていただきここしかないと思いました

新たな案件で先出し費用が必要になり、早期の資金化が必要になりました。銀行の融資では審査期間が長いため悩んでいたところ注文書買取サービスを知り、翌日には提供出来るとの事でBESTPAY(ベストペイ)に決めました。
BESTPAY(ベストペイ)との2社間契約が決め手です。取引先へ資金面で不安を抱かせることなく、資金調達が出来るので気軽に相談したところ将来のことについても考えていただきここしかないと思いました。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ④:審査結果が良かった

審査結果が良かったというのがまず1つ。買取率や手数料、入金までの日数を総合的に勘案した上で決めました。「早いけど高い」「安いけど遅い」という業者は見積段階で弾いています。
最終的には担当者のお人柄です。業界の動向に詳しく、常にこちらの立場に立った物言いが好印象でした。他社だとサービスメリットの一点推しで、正直ウンザリでした。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ⑤:審査が通ったのはここだけでした

数社に申し込んだのですが、審査が通ったのはここだけでした。他は会社設立から1年未満であることを理由に審査落ちです。
1年未満だからと言ってこちらの足元を探るようなこともせず、単純に取引相手の安定性のみを考慮してくれた。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ⑥:入金期間を2ヶ月早められると言うのだから、こちらとしては願ったり叶ったり

手数料。普通の2社間とベストペイでそれぞれ見積りをお願いしたのだが、手数料はほぼ同じ。それで入金期間を2ヶ月早められると言うのだから、こちらとしては願ったり叶ったりだった。
周囲の評判を聞いて。話を聞いたのは付き合いのある運送会社の社長で、「手数料は請求書買取と同じだった」とのこと。言葉は悪いが経営者仲間から裏が取れたことで安心して利用できると思った。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ⑦:調達額が希望通りだったのに加え、短期間で資金化できる

他社よりもサービスの面で優れていたからです。大手のファクタリング会社にも相談したのですが、資金化可能なのは受注額の〇〇%までと制限を付けられてしまい、希望調達額に届きませんでした。
調達額が希望通りだったのに加え、短期間で資金化できる、都度買取に対応してる、中小企業でも利用できる、などと弊社のニーズに合致する部分が多かったため、話を進めることに決めました。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ⑧:必要なのは注文書と通帳、申込書の3点だけでした

第一に、簡便な手続きです。必要なのは注文書と通帳、申込書の3点だけでした。銀行とは随分違うんだなと感心した記憶があります。
安価な手数料利率です。3社で相見積もりを取ったところ、最安値でした。「銀行と比べれば…」とは思ったのですが、銀行とファクタリングは全く異なるサービスですので、利用を中断するには至りませんでした。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

評判・口コミ⑨:申込みで不明な点があるとすぐにzoomに繋いでくれた

全国出張、少額買取、中小零細でも利用できると言われ、興味を持ちました。出張買取を行っている業者さんは多かったのですが、他2つの条件をクリアできる業者さんは少数でした。
あとは担当者さんのフットワークの軽さです。申込みで不明な点があるとすぐにzoomに繋いでくれたり、サービスのデメリットについても忌憚のない意見を聞かせてくれたり。決め手は『相手への信用』でしょうか。

出典:BESTPAY(ベストペイ)公式ウェブサイト

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BestPayはどのような方におすすめ?

BESTPAYはどのような方におすすめ

BESTPAY(ベストペイ)は個人・法人ともに利用できるファクタリングサービスです。ただし、注文書の取り扱いに対応しているのは、上記のように法人のみであり、個人事業主やフリーランサーの利用は請求書ベースとなります。

このような特徴を理解したうえで、BESTPAY(ベストペイ)がどのような人におすすめできるかを考えていきましょう。

銀行の融資を受けられない企業

すでに銀行から融資を受けているにもかかわらず、資金繰りに苦労している、または現在の経営状況では銀行の融資を受けることが難しいという企業は、BESTPAY(ベストペイ)の利用がおすすめです。

BESTPAY(ベストペイ)は融資ではないファクタリングというサービスですので、銀行で融資が受けられない、受けたくないという人でも利用できます。

BESTPAY(ベストペイ)にも審査はありますが、金融機関で実施する審査とは異なり、債権の対象である売掛先の状況を審査します。その審査に通過すれば、自社の信用や実績、経営状況に関係なく利用可能です。たとえ赤字決算や滞納中の税金がある場合でも利用できることがありますので、銀行の融資が難しい法人はBESTPAY(ベストペイ)を検討してみてはいかがでしょうか。

支払いサイクルが長い業種で資金繰りに苦労している

製造業や建設業など、業種によっては支払いサイクルが非常に長い場合があります。こういう業種の人にこそBESTPAY(ベストペイ)はおすすめです。

製造や建設はものによっては、完成までに数カ月やそれ以上の期間がかかることが珍しくありません。これは、受注してから収入がない状態のまま、非常に長い期間経営しなければならないという意味です。

規模の大きな企業ならそれでも対応できますが、中小企業では自転車操業にならざるを得ない場合もあるでしょう。

必要な支出に入金が間に合わない結果、黒字倒産もあり得ることです。

上記のようなリスクを抱える業種は、ぜひBESTPAY(ベストペイ)を検討してください。受注と同時にまとまった資金が手元に入るため、資金繰りがスムーズになるだけでなく、急な出費にも対応できるようになります。

注文書を現金化できる方法を探している

BESTPAY(ベストペイ)の最大のセールスポイントは注文書を現金化できることです。しかし、受注段階で利用できるファクタリングサービスはそれほど多くなりません。請求書の場合、売掛先からの入金はある程度見込めますが、注文書だけでは債権が回収不能になるリスクが大きいからです。

受注段階で売掛先の信用度や実績を審査するには、ファクタリングを提供する側にも高度な審査能力が必要になります。

ファクタリングサービスを提供する企業は数多く存在しますが、それだけの能力があるところはわずかです。

その貴重な一つがこちらのBESTPAY(ベストペイ)ですから、受注段階で何とか資金化できないものかとお悩みの法人にこそおすすめします。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)の手数料

BESTPAYの手数料

BESTPAY(ベストペイ)の公式ウェブサイトによると、注文書買取ファクタリングの手数料は、先述したように「5%~」です。

手数料は、受注先の信用度や実績・注文書の種類・受注した案件が完了するまでの期間など、総合的に判断した結果決まります。

したがって、一概にいくらかかるとは言えません。しかし、最低でも注文書に記載の金額の5%は手数料として支払う必要があることを知っておきましょう。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)の審査

BESTPAYの審査

BESTPAY(ベストペイ)を利用するにあたって実施される審査について、その内容、時間、通過率などを調べてみました。

審査内容

BESTPAY(ベストペイ)の公式ウェブサイトによると、依頼企業の倒産リスクや売掛先の信用度を中心に審査が行われるとあります。金融機関の審査と違って、赤字決算や税金滞納中でも利用できる可能性があるのがメリットです。

審査時間・入金スピード

BESTPAY(ベストペイ)に申し込むと、まずオペレーターから内容の確認があります。その確認が完了すると審査です。審査にかかる時間は公式ウェブサイトに明記されていませんが、入金は最短で翌日とあります。つまり、審査開始から1日程度で完了すると見てよいでしょう。

ただし、翌日に入金できるのは最短の場合です。場合によっては申し込みから3営業日ほどかかることがあります。とはいえ、土・日曜を挟まない場合、遅くても申し込んだ3日後に入金されるわけですから、かなりのスピード感と言えるでしょう。

審査通過率・厳しさ

BESTPAY(ベストペイ)の公式ウェブサイトに具体的な審査通過率は記載されていません。ただし、依頼企業に倒産のリスクがなければ基本的に通るとあります。それを考えると、審査はそれほど厳しくないと言えるでしょう。少なくとも銀行融資の審査よりも通りやすいです。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)の必要書類

BESTPAYの必要書類

BESTPAY(ベストペイ)の利用にあたって必要な書類は3種類のみです。注文書と、表紙を含めた通帳3カ月分のコピー、および、本査定申込書となっています。

最後の本査定申込書は、オペレーターの確認後、別途送付されることになっているため、自分で用意する必要はありません。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)の利用の流れ

BESTPAYの利用の流れ

BESTPAY(ベストペイ)を利用するには、電話かウェブサイトのフォームから無料相談に申し込みます。ウェブサイトから申し込む場合、希望調達額・氏名・電話番号・メールアドレスの記入が必須です。

BESTPAY お申し込みの流れ

会社名の記入は任意で、質問や疑問なども申し込みフォームから送信できます。

BESTPAY(ベストペイ)側で送信内容を確認すると、折り返しオペレーターから連絡があります。そこで、申し込み内容の確認と注文書の概要の説明です。オペレーターの指示どおり答えましょう。

オペレーターとのヒアリングの結果、本査定に申し込むことになった場合、本査定申込書が送付されます。注文書と通帳3カ月分を用意し、本査定申込書に記入のうえ提出してください。審査の結果、提示された金額に同意する場合、本契約となります。

なお、BESTPAY(ベストペイ)では、審査の時点では不要ですが、契約手続きの際に面談を行うのが決まりです。基本は、直接運営会社のアレシアに訪問して、面談する必要があります。

東京の会社なので遠方の人には難しいかもしれませんが、東京のほか大阪にも支社があるので、そちらでも面談を行えます。また、訪問自体が難しい場合は、先方から訪問してもらうことも。気になった場合はまず相談してみましょう。

審査と面談が完了すると、手数料を引いた所定の金額が指定口座に入金されます。ここまで最短で申し込みの翌日、長い場合は3営業日ほどです。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)の営業時間

BESTPAYの営業時間

BESTPAY(ベストペイ)の営業時間は、午前10時から午後7時です。ただし、土曜、日曜、祝祭日は休業日ですのでこの限りではありません。

なお、上記は電話での受け付け時間です。オンラインでは24時間365日申し込みを受け付けています。

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

BESTPAY(ベストペイ)でよくある質問

BESTPAYのよくある質問

BESTPAY(ベストペイ)の利用に関してよくある質問を以下にまとめました。ご検討の際に参考にしてください。

銀行融資の審査に落ちたのですがBESTPAY(ベストペイ)を利用できますか?

BESTPAY(ベストペイ)は利用者の信用情報ではなく、売掛先の実績や信用を重視した審査を行います。したがって、たとえ赤字決算や滞納中の税金があっても、注文書の内容次第で資金調達はできます。

売掛先に注文書を売却したことを知られることはありますか?

ありません。BESTPAY(ベストペイ)は売掛先の調査を行いますが、そのことを相手先に通知することはありません。BESTPAY(ベストペイ)と利用者の2者間のみの取引なので、取引先に知られずにファクタリングが利用できます。

どのような注文書が売却できますか?

契約完了した受注書、注文書は業種を問わず売却できます。ただし、すでに譲渡済みの注文書や、回収が難しい債権(不良債権)、売掛先が公序良俗に反する企業や反社会的勢力などの場合は例外です。

個人事業主もBESTPAY(ベストペイ)を利用できますか?

個人事業主やフリーランサーも利用できますが、その場合、請求書の買取のみとなります。注文書を売却できるのは法人のみです。

必ず来社しなければならないのですか?

契約時に面談が必須なので基本的に来社が必要です。ただし、遠方にお住まいの場合は、BESTPAY(ベストペイ)側から面談のために訪社してくれます。

注文書買取サービス「BESTPAY」

  • 手数料5%〜
  • ノンリコース、補償リスク無し
  • 最短翌日入金

\最短翌日入金/

BESTPAY(ベストペイ)の公式サイトはこちら

※オンライン受付24時間

 

おすすめのファクタリングまとめ

おすすめのファクタリングまとめ

ファクタリング 入金・手数料等 評判・口コミ・審査内容
資金調達プロ
24時間OK・日本全国対応・10秒カンタン無料診断・最短即日入金
入金スピード:最短即日
手数料:ファクタリングによる
法人・個人事業主OK
 資金調達プロの評判・口コミ・審査
プロテクトワン
最短数時間で入金!手数料も1.5%〜と業界最安級
入金スピード:最短数時間
手数料:1.5%
法人・個人事業主OK
 プロテクトワンの評判・口コミ・審査
支払い.com
請求書払いクレジットカードで先延ばし可能
入金スピード:最短1日後の振込に対応
手数料:4%
法人・個人事業主OK
 支払い.comの評判・口コミ・審査
SOKULA(ソクラ)
最短2時間・審査通過率93%
入金スピード:最短2時間
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK
SOKULA(ソクラ)の評判・口コミ・審査
ビートレーディング
最短1日の注文書ファクタリング
入金スピード:最短1日
手数料:2.0%〜
法人・個人事業主OK
ビートレーディングの評判・口コミ・審査
QuQuMo(ククモ)
Web完結で圧倒的スピード!最短2時間
入金スピード:最短2時間
手数料:1.0%〜
法人・個人事業主OK
QuQuMo(ククモ)の評判・口コミ・審査
エスコム
最短翌日に1億円資金調達可能な法人専門ファクタリング
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人のみOK
エスコムの評判・口コミ・審査
マネーフォワード アーリーペイメント
大手で安心・発注時点での早期資金化も対応
入金スピード:最短2営業日
手数料:1.0%〜
法人のみOK
マネーフォワード アーリーペイメントの評判・口コミ・審査
GMOフリーランスファクタリング
即日ファクタリング・審査書類は請求書だけ
入金スピード:最短2営業日
手数料:1.0%〜
個人事業主のみOK
GMOフリーランスファクタリングの評判・口コミ・審査
ラボル
最短60分&土日対応のフリーランス向け
入金スピード:最短1時間
手数料:10%
個人事業主のみOK
ラボルの評判・口コミ・審査
LINK
AIで10秒査定・即日オンライン完結ファクタリング
入金スピード:最短2時間
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK
LINKの評判・口コミ・審査
ペイトナーファクタリング
AI審査・無料登録ですぐ利用可
入金スピード:最短1時間
手数料:10%
法人・個人事業主OK
ペイトナーファクタリングの評判・口コミ・審査
FREENANCE(フリーナンス)
フリーランス・個人事業主向けファクタリングで人気
入金スピード:即日
手数料:3%〜
法人・個人事業主OK
FREENANCE(フリーナンス)の評判・口コミ・審査
Easy factor
最短見積もり10分、即日振込対応
入金スピード:即日
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK 
Easy foctorの評判・口コミ・審査
えんナビ
24時間・土日祝対応
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
えんナビの評判・口コミ・審査
PayToday(ペイトゥデイ)
AI審査で最短30分
入金スピード:最短30分
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
PayToday(ペイトゥデイ)の評判・口コミ・審査
ベストファクター
最短1時間で30万円〜入金可
入金スピード:最短1時間
手数料:2.0%〜
法人・個人事業主OK
ベストファクターの評判・口コミ・審査
ファクタリング TRY
24時間受付対応
入金スピード:最短即日
手数料:3%〜
法人・個人事業主OK
ファクタリング TRY(トライ)の評判・口コミ・審査
三共サービス
2001年創業の老舗ファクタリング
入金スピード:最短翌日
手数料:1.5%~
法人のみOK
三共サービスの評判・口コミ・審査
西日本ファクター
九州なら最短即日のファクタリング
入金スピード:最短即日(九州)
手数料:2.8%〜
法人・個人事業主OK
西日本ファクターの評判・口コミ・審査
ウィット
最短2時間・少額・個人事業主OK
入金スピード:最短2時間
手数料:調査中
法人・個人事業主OK
ウィットの評判・口コミ・審査
日本中小企業金融サポート機構
審査通過率95%以上
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
日本中小企業金融サポート機構 ファクタリングの評判・口コミ・審査
アクセルファクター
年間相談件数3000件の実績
入金スピード:最短即日
手数料:2%〜
法人・個人事業主OK
アクセルファクターの評判・口コミ・審査
トップ・マネジメント
累計45,000件の買取実績
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人・個人事業主OK
トップ・マネジメントの評判・口コミ・審査
ネクストワン
2社間でも手数料5%〜
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人OK・個人事業主不可
ネクストワン(Next one)の評判・口コミ・審査
いーばんく
土日・祝日OK&全国対応
入金スピード:最短即日
手数料:1.5%〜
法人OK・個人事業主不可
いーばんくの評判・口コミ・審査
MSFJ
手数料1.8%〜で業界最安クラス
入金スピード:最短即日
手数料:4%〜
法人・個人事業主OK
MSFJの評判・口コミ・審査
うんそうくん
運送業界専門のファクタリング
入金スピード:最短2時間
手数料:5%〜
法人・個人事業主OK
うんそうくんの評判・口コミ・審査
けんせつくん
建設業界専門のファクタリング
入金スピード:最短2時間
手数料:5%〜
法人・個人事業主OK
けんせつくんの評判・口コミ・審査
チョウタツ王
ファクタリング無料一括査定サービス
入金スピード:最短即日
手数料:0.5%〜
法人・個人事業主OK
チョウタツ王の評判・口コミ・審査
ジャパンマネジメント
50万円〜5000万円の調達が可能
入金スピード:最短即日
手数料:3.0%〜
法人・個人事業主OK
ジャパンマネジメントの評判・口コミ・審査
Mentor Capital(メンターキャピタル)
50万円〜5000万円の調達が可能
入金スピード:最短即日
手数料:2.0%〜
法人・個人事業主OK
Mentor Capital(メンターキャピタル)の評判・口コミ・審査
BESTPAY(ベストペイ)
オンライン受付24時間対応
入金スピード:最短翌日
手数料:5.0%〜
法人・個人事業主OK
BESTPAY(ベストペイ)の評判・口コミ・審査
GMO BtoB早払い
ファクタリング無料一括査定サービス
入金スピード:最短即日
手数料:2%〜
法人のみOK
GMO BtoB早払いの評判・口コミ・審査
関連記事 個人事業主・フリーランスが利用可能なファクタリングおすすめ16選