資格

独学では合格できない!?宅建試験の1番オススメの勉強方法はこれ!

法律試験の登竜門とも言われる宅建試験。

他の法律試験よりも簡単だから独学で勉強できる、なんて思っていませんか?

実は、宅建試験を独学合格する事はほぼ奇跡に近いと言えます。

今回は試験に一発合格した私が、独学では合格できない理由合格するための方法を教えます!

独学で合格できない理由

NG コルク板

宅建は独学で合格できる試験ではありません!!!

誰でも短期間で独学合格できるなんてよく聞きますが、そんなものは一部の人にしか当てはまりません。

独学で合格できない具体的な理由は以下の通りです。

・法改正に対応できない

・質問ができない

・間違って覚えてしまう

・継続できない

法改正に対応できない

六法全書

約120年ぶりに民法が改正され、2020年4月1日より施行されていることはご存知でしょうか?

当然、宅建試験の問題にも民法の知識が必要となるので、影響はかなり大きいです。

民法に関わらず、法律は毎年必ずと言っていいほど改正されたり、新設されたりします。

改正前は○だった問題が、改正後には×となる事も少なくありません。

講座の場合、試験にとって重要な部分が改正された場合には必ずアナウンスが入り、テキストの変更も即座にされます。

一方市販テキストの場合、訂正のアナウンスは公式ホームページにしかされないケースが多く、分かりづらいです。

いちいち公式ホームページを毎日チェックするのは、かなり面倒ですね。

質問ができない

モヤモヤしている女性

法律を正確に理解する事というのはかなり難しく、勉強すればするほど分からない事が増えるものです。

独学の場合、質問できる相手もいないケースが多く、いたとしても時間の都合で聞きたい時に聞けない事が殆どではないでしょうか?

また、自分で必死に理解しようとしても、間違って覚えてしまう可能性もあるのでかなり危険です。

ユーキャンの通信講座の場合、質問サポートが整っているので分からない事をいつでも質問できてかなりオススメです。

無駄に悩む時間を減らし、効率的に勉強したい方は講座を受講することをオススメします。

ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

間違って覚えてしまう

頭を抱える男性

法律用語というものがあるのをご存知でしょうか?

例えば、民法には「善意」「悪意」のように独特の意味を持った法律用語があります。
※法律上で「善意」とは「ある事情を知らないですること」「悪意」とは「法律上の効力に影響を及ぼす事情を知っていること」を意味します。

法律用語はたくさんあり、正確に覚えるのは始めのうちはかなり困難です。

そういった用語を間違った意味で覚えてしまうと、簡単に理解できる問題も理解できなくなってしまいます。

市販テキストの場合、法律用語の説明がされているものはかなり少ないので、何となくで理解してしまうケースが多いです。

また、市販テキストの中には情報が正しくないものもあります。

以下の記事で市販テキストの恐ろしさについてまとめてあるので、よければ参考にしてみてください。

注意マーク
【宅建】絶対買ってはいけない教材とは?比較し分かった民法改正後のオススメ教材宅建を独学で勉強しようと考えているあなた。 独学で勉強するとなると、やはり重要なのが選ぶ教材ですよね。 実は、市販教材の中に...

講座の場合、講師が初学者の為にも分かりやすく丁寧に説明してくれるので、間違って覚える心配がなくなります。

また、講師は受験者が苦手としている分野を把握しているので、苦手分野を徹底的に細かく説明してくれます。

継続できない

だらける女性

独学の場合、自分でスケジュールを組んで勉強をする必要があります。

やる気のある最初の段階で自分に厳しいスケジュールを組んでしまい、スケジュール通りに進まず途中で断念してしまうケースも少なくありません。

また、初学者の場合はどのようにスケジュールを組めばいいのか分からない人が殆どだと思います。

講座の場合、適切な量の勉強スケジュールが計画されているので、継続しやすいと言えます。

このように独学にはデメリットが多く、合格するのはかなり困難なのです。

宅建試験にオススメの勉強方法

勉強風景1

✔︎短時間で効率的に勉強して合格したい

✔︎きちんと理解して試験に挑みたい

✔︎勉強を継続したい

上記に当てはまる方にオススメの勉強方法は通信講座です!

通信講座の場合、自分の都合の良い時間好きな場所で勉強する事ができます。

また、独学と異なり質問することもできるので勉強の理解度も全く異なります。

1番オススメの講座

通信講座で1番オススメなのはユーキャンです!!

宅建講座(ユーキャン)引用:ユーキャン公式サイト(https://www.u-can.co.jp/%E5%AE%85%E5%BB%BA/)

ユーキャンの通信講座では、上記のような教材を使用して学習を進めます。

理解度を高めながら着実に合格に近づく事ができる優秀な教材であり、市販テキストよりも圧倒的に質が良いと言えます

ユーキャンには質問サポートのみならずなんと添削サポートもあります!!

また1日3回の質問サポートですが、これだけあれば十分足ります。

費用も63000円とかなりお手頃価格であり、3980円の16回払いも可能です。

本当に自分に合っているかどうか心配な方は、相性診断があるのでまずは診断してみてはどうでしょうか?

ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

実は講座に通った方が費用も安い

お金1

講座は費用が高くてなかなか手が出せないと思っているあなた。

実は講座に通った方が安く済むケースが多いことをご存知ですか?

以下を確認してみてください。

市販テキスト 数冊(約6000円)

市販模試 数冊(約13000円)

市販一問一答 数冊(約9000円)

市販過去問 1冊(約4000円)

 → 合計32000円

上記は2年間で独学合格した方1年分の教材と費用です。

法律は毎年少しずつ変わるので、1年目で合格できなかった場合には全ての教材の買い直しが必要となります。

つまり合格に2年かかった場合、試験合格に要する費用は倍の価格である64000円となります。

独学の場合、合格まで数年かかることも珍しくないのでさらに費用が高くなる可能性があります。

宅建の試験勉強に要する費用  32000円×合格までの年数

一方、講座の場合は1年間で合格できる方が殆どなので教材の買い直しも必要なく最小限の費用で抑える事ができます。

このように、実は講座を受講した方が安く済むケースというのは珍しくないのです。

一発合格を狙う方は通信講座を活用して短期間で合格しちゃいましょう!

ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

無料で資料請求がしたい方はこちら

まとめ

まとめ

・独学はかなり難しい

・法律資格は理解が難しいので、質問できる環境が必要

・独学よりも講座の方が合格できる!

持っているだけで給料がUPしたり、就活に有利に働いたりと、これだけコスパが良い資格は宅建くらいではないでしょうか?

ユーキャンで宅建の勉強を始めようか悩んでいる方もまずは資料請求から始めてはいかがでしょうか?

無料で資料請求がしたい方はこちら